NEWS

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 新商品のご案内「棚前サインホルダー」

2021.10.26RELEASE

新商品のご案内「棚前サインホルダー」

新商品「棚前サインホルダー」

定番のパーツを環境に配慮した形で新たに開発しました

ドラッグストアの売り場を思い出して頂きたいのですが、商品棚のプライスレール付近に、このようなPOPを見かけたことがあるのではないでしょうか?

これは東具でも取り扱っているパーツで、「カードホルダーC」という製品です。このカードホルダーCは店頭販促では定番のパーツで、弊社だけではなく、複数のメーカで販売されているほど広く認知されているヒット商品です。

この度、この定番パーツと同等の機能を持ち、環境に配慮した素材で出来た新商品「棚前サインホルダー」をリリースいたしました。

開発の背景

カードホルダーCは、硬質と軟質のPVCを使った2色成型の押出成形品です。プライスレールに固定するホルダーと訴求物を固定するホルダーの2つで構成されています。

他のサインホルダーとの大きな違いは、POPを商品棚から前に突き出して掲出できるという点です。これにより、商品の目の前だけではなく、通路の横側からもPOPが視認できるようになり、高い訴求力があります。これがカードを1枚差し込むだけで実現できる、非常に画期的なパーツです。

軟質と硬質の組合せによる、取り付けやすく外れにくいシンプルな形状の為、使い勝手がよく、売場で使い方が分からないという事もありません。そして中国で大量生産されているので安価に入手可能です。その為、ここ数年で多くの小売店舗に普及し、今でも使われているロングセラーの大ヒット商品です。

同じような機能のサインホルダーを押出成形やインジェクション成型で国内生産しようとしても、日本だけでなく欧州にも向けて大量生産している中国のコストに合わせることは不可能でした。その為、どの企業も類似品を中国生産で手配しており、弊社も中国の指定工場で専用金型を製造し、それを使って成型した物を販売しております。

このように、安価で機能的にも優れたカードホルダーCですが、SDGsに取り組んでいかなければならない世界的な情勢の中では、中国生産であることが逆に課題となってしまいます。

環境に配慮した物を開発することを考えた時、この構造をPVC以外で製作出来ないという事に加え、中国の工場は環境配慮素材に変更しようとする要望に消極的で、現在も大量に売れているカードホルダーCをなぜ変更する必要があるのかというスタンスの為、協力を依頼すること自体が難しいという状態でした。

棚前サインホルダーの特長

現状の課題に対して東具が新たに開発したのが、「棚前サインホルダー」です。

棚前サインホルダーは国内生産のインジェクション成型品で、カードホルダーCと同じように、プライスレールに固定して、前面に突き出すような形でPOPを差し込んで掲出できます。

材質は、リサイクル100%のポリカーボネート製を基本としてラインナップしておりますが、金型の構造的にどのような材料でもある程度汎用で成型できるように設計されています。現在、リサイクルポリカーボネート以外にも、お米で出来たバイオマス素材のライスレジン®製をご用意しており、どちらも環境に配慮した素材です。リサイクルポリカーボネート製は透明で、ライスレジン®製は白系の不透明色となります。

機能面ではカードホルダーCと同じ使い方が出来ますが、よりスリムでコンパクトな形状に設計されていますので、プライスレールの中が隠れにくくなっています。不透明素材のライスレジン®製をお選びいただいたときにも、隠れてしまう部分は最小限となるよう配慮した構造です。

店頭販促物もSDGsに取り組んでいかなければならないこの時代に対応した、東具オリジナルの環境配慮パーツとなっております。ご興味があるお客様は、最寄りの営業所に是非ともお問合せくださいませ。

まずはお気軽にご相談ください

06-6965-3331

平日 9:00~17:00まで受け付けております。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

最新のセールスプロモーションカタログをお届けします。

資料請求

POPツールカタログはこちら